バッカルファットの教科書【東京のクリニック一覧付き】 » Lesson1.初めてのバッカルファット除去 基礎講座 » バッカルファット除去の効果について

バッカルファット除去の効果について

バッカルファットくんアイコン_「ふむふむ…」

頬のたるみやほうれい線などが気になってきた方におすすめのバッカルファット除去。ここでは、バッカルファット除去の効果をはじめ、効果があらわれるまでの期間や効果の持続期間などをご紹介します。

バッカルファット除去の効果とは

若返り効果や小顔効果を期待できます

バッカルファットとは頬骨の下からこめかみの辺りまで、細長い範囲にかけて存在している、皮膜に包まれた脂肪の塊で、「頬脂肪体」や「頬部脂肪体」などと呼ばれることもあります。齢を重ねるごとに前下方へと下がり、頬のたるみやほうれい線、マリオネットライン、ブルドック顔といった老け顔の大きな原因になります。そこで、手術によってバッカルファットを除去してしまうことで、老け顔を予防したり、顔の若々しさを取り戻したりといった効果が期待できます。 [※1]、[※2]

食事中のストレスの軽減

バッカルファットが多い人の場合、外から頬がふくらんで見えるだけでなく、口の中で頬の内側がふくらんで、食事中に誤って頬の肉を噛んでしまうリスクが高まります。また、傷ついた内頬は血豆としてふくらみ、さらに頬を噛んでしまうリスクを上げるため、食事中にストレスを感じる要因となります。加えて、傷ついた部分が炎症を起こすと、体調などによっては口内炎の原因となってしまうケースも考えられます。[※3]

虫歯や歯周病リスクの軽減

バッカルファットは口の中の奥歯の横のあたりに存在している脂肪です。バッカルファットによって頬の内側がふくらんでいると、頬の肉が奥歯へ押しつけられる形となり、歯みがきなどのオーラルケアの際に邪魔になることが考えられます。バッカルファットが原因でオーラルケアが不十分になると、虫歯や歯周病が発生するリスクが高まります。また、無理矢理に歯ブラシを奥歯の隙間に突っ込むことで、頬の内側を傷つけてしまう恐れも。バッカルファットを除去して適度な隙間を口内に作ってあげることができれば、虫歯や歯周病予防の一環としても効果を期待することができます。[※3][※4]

バッカルファット除去だけでは効果が得られないケースも

バッカルファットを除去することで、小顔効果や若返り効果を得られますが、一方でバッカルファットを取りすぎてしまうと、頬がこけて見えたり、顔の左右でバランスが崩れたりと不自然な仕上がりになってしまう恐れがあります。また、顔のたるみにはバッカルファットだけでなく皮下脂肪も関係しており、バッカルファット除去だけでは理想的な効果が得られないこともあります。[※1]、[※2]

ほかの施術との相乗効果

年齢や体質、骨格、たるみの原因などから総合的に判断して、バッカルファット除去だけでは治療効果が不十分であると考えられる場合、注入治療で肌の凹凸を解消したり、スレッドリフト(糸治療)で皮下脂肪を引き上げたりと、他の施術の併用が推奨されることもあります。また、クリニックによっては独自の施術メニューが用意されています。専門家のアドバイスをしっかり聞いたうえで、美容医療の口コミ広場などで手術を受けた人の口コミなどを確認して、最終的に担当医とよく相談して手術内容を決めるようにしてください。[※2]

バッカルファットくんアイコン_「ジャマ者あつかいするなよ~」

バッカルファット除去の効果があらわれるまでの流れ

バッカルファット除去の効果は、施術から3ヶ月程かけてゆっくりとあらわれてきます。目に見えて効果を実感できるのは、3週目くらいからです。脂肪の減少は2ヶ月程度で落ち着いてきます。ただし効果には個人差があるため、3ヶ月以降も減る場合もあり。バッカルファットのダウンタイムとしては、麻酔の作用で施術当日は少し腫れる程度で、目立った腫れはありません。翌日には引き、施術前の状態にまで落ち着くのは1~2週間が目安になります。

バッカルファット除去の効果の持続期間

バッカルファット除去は脂肪そのものを除去するため、効果は半永久的に持続します。一方でバッカルファットをとりすぎてしまうと、頬がコケたり肌がたるんで老けて見えたりと効果がマイナスに作用してしまう可能性もあり。そのため、経験豊富な医師に顔の状態をしっかりと見極めてもらったうえで、適切な施術を受けることが重要になります。

バッカルファット除去に求めている効果を本当に得たいなら…

バッカルファット除去の治療目的は、クリニックによって美容整形で若々しい印象を与える「若返り」もしくは「小顔(輪郭形成)」の2つに分かれます。そのため、自分の求めている効果がクリニックの治療目的と一致しているか認識をすり合わせておくことが大切です。若返り目的で施術を受ける場合、きれいな仕上がりを求めるのであれば別の施術との複合的な治療が効果的ですが、クリニックによってはバッカルファット除去のみの施術メニューしか設けていない場合もあるので事前に確認しておきましょう。

複合的な治療を受ける場合でも、顔の状態によって適した治療法はさまざまです。たとえば口元のたるみが強い方にはスレッドリフトとの組み合わせ、頬骨の下のくぼみが目立つのであればヒアルロン酸や脂肪の注入治療との組み合わせがベター。自分の顔やたるみの状態に適した治療を受けないと、想像していた仕上がりとは違う結果になりかねません。そのため、理想のきれいに近づきたいのであればバッカルファット除去についてしっかりと理解したうえで、自分に適した治療を行ってくれるクリニック選びが重要です。

理想のきれいが叶う
バッカルファット除去を知る

【バッカルファット除去とは】

口の中の粘膜を1cm程度切開し、余分な脂肪を取り除く施術です。

【費用とリスクについて】

バッカルファット除去の平均的な費用は、21~38万円ほどです。手術はその日に完了しますが、腫れが1日ほど、痛みが1週間ほど続く場合があります。治療後は腫れや頬がこけるなどのリスクがありますので、不安な点についてはクリニックで医師にご相談ください。

【若返りの定義】

このサイトでは、美容整形の手術によって若々しい印象になることを「若返り」としています。