バッカルファットの教科書【東京のクリニック一覧付き】 » Lesson1.初めてのバッカルファット除去 基礎講座 » バッカルファットとメーラーファットの違いとは

バッカルファットとメーラーファットの違いとは

バッカルファットくんアイコン_「博士」

老け顔の原因となってしまうバッカルファットとメーラーファット。どちらも下垂するとたるみの原因となり、ほうれい線やマリオネットラインが目立ってしまうことも。ただ、出現する位置や除去方法は異なり、顔に与える印象にも違いがあります。

たとえばバッカルファットは頬骨の下からこめかみあたりにあるのに対し、メーラーファットは目の下から頬骨にかけて位置しています。
ここでは、バッカルファットやメーラーファット、ジョールファットの違いについて紹介します。組み合わせできる施術についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

バッカルファット・メーラーファット・ジョールファットの違い

バッカルファット

頬脂肪体と呼ばれる脂肪の塊です。物をかんだりするときの緩衝材や乳児が母乳を吸うときの補助的な役割をもっていますが、除去することで小顔効果やエイジングケア効果が期待できます。

顔のどこにある?

バッカルファットは頬の深くにあり、皮下脂肪よりももっと深いところに位置しています。咬筋と頬筋の間にあり、年齢が若い時は頬の上の方に位置しているものの、加齢などによる筋肉の衰えで下の方に垂れてきてしまいます。

顔に与える影響

バッカルファットが下垂してくると、下膨れ顔やたるみの原因となります。いわゆるブルドッグ顔になる・マリオネットラインが目立つなどの老化し疲れた顔に見えてしまいます。

除去するための施術方法

バッカルファットを除去する治療では、口の内側から1cmほど切開してバッカルファットを直接取り除きます。その後は縫合をおこない、吸収糸を使う場合であれば抜糸の必要はありません。
ただし、バッカルファットを除去しただけでは皮膚が余ってたるみが目立つ可能性があるため、リフトアップ施術を組み合わせておこなうクリニックが多いようです。

除去手術に失敗した場合に考えられる仕上がり

バッカルファットを除去するとその部分の頬がくぼんで見えることも。頬がこけて見えてしまったり凹んで見えてしまうため、かえって老けた印象を与えてしまう可能性があります。

メーラーファット

ほうれい線の上にある三角形の皮下脂肪です。顔を正面から見たときにバッカルファットよりも上に位置しており、ほうれい線などの原因になります。

顔のどこにある?

メーラーファットは目の下から頬骨周辺(ほうれい線の上)にあります。顔の筋肉が衰えるとメーラーファットを支えきれなくなり下垂します。

顔に与える影響

メーラーファットが多い人は笑ったときに頬のふくらみが目立ちます。そのため顔が大きく見えてしまうことも。また、加齢や紫外線などの影響で肌のコラーゲンが減少すると弾力低下でたるみの原因となるほか、ほうれい線やゴルゴラインの原因にもなります。

ただ、頬のでっぱりを解消するには、メーラーファットともうひとつの皮下脂肪を除去する必要があります。もうひとつの皮下脂肪はメーラーファットよりも顔の表面側に位置しており、この2つを除去しなければ頬のでっぱりは解消できないといわれています。

除去するための施術方法

メーラーファット除去ではカニューレ(細い脂肪吸引器具)を使って脂肪を吸引しますが、口角の内側からカニューレを挿入する方法と鼻の穴から挿入する方法があります。どちらも顔の表面には傷跡が残りませんが、より傷跡を目立たなくしたいのであれば鼻の穴からアプローチする方法がおすすめです。

除去手術に失敗した場合に考えられる仕上がり

メーラーファットを吸引する際、挿入したカニューレを動かすことによってデコボコとした跡が残る可能性があります。笑うと髭のようなシワができてしまうかもしれません。
また、頬の脂肪が減ったことでのっぺりとした顔になり、かえって老けて見えてしまう可能性も否めません。

ジョールファット

口角の横にある脂肪のことをさし、バッカルファットよりも顎側に位置しています。マリオネットラインや口角のたるみなどにつながります。運動では落ちにくく、ジョールファットが多い人は糸リフトをおこなっても効果を感じにくいとされています。

顔のどこにある?

口元の横から口角の下にかけて位置しています。年齢が若くても出現している人もいれば、加齢によって出現する人もいます。

顔に与える影響

ジョールファットが多い人は口角がたるんで見えたり、フェイスラインがもたついて見えることがあります。また、マリオネットラインやブルドッグ顔の原因にもなり、老けた印象を与えてしまいます。

除去するための施術方法

口角の内側に5mmほどの穴を開け、吸引器具を使ってジョールファットを吸引します。縫合の必要がなく、傷跡は目立ちにくいでしょう。

除去手術に失敗した場合に考えられる仕上がり

ジョールファット除去手術に失敗した場合、吸引によるデコボコや左右差などが現れる可能性があります。

組み合わせできる施術例

顔のたるみや丸みの原因は、バッカルファットやメーラーファット、ジョールファットなど複数あることが多いもの。そのため、複数の施術を組み合わせることでより効果的な治療が可能です。
ただし、自分に合った治療を受けることが大切。自分の顔のたるみや丸みの原因や適した治療法について、信頼できる医師に相談してみると良いでしょう。

バッカルファット除去+メーラーファット除去

バッカルファットとメーラーファットの両方を除去することで、頬全体を引き締めてすっきりとさせることができます。そのため、頬全体がふっくらとしている人におすすめです。

バッカルファット除去+ジョールファット除去

頬から口元にかけてのたるみが強い、いわゆるブルドッグ顔の人におすすめです。バッカルファットとジョールファットを除去することで口元のもたつきがすっきりとし、顎のラインもシャープな印象になるでしょう。

バッカルファット除去+メーラーファット除去+ジョールファット除去

頬の丸みと口元のもたつき両方が気になる人におすすめです。顔全体の丸みにアプローチできるため、より小顔効果が期待できます。

理想のきれいが叶う
バッカルファット除去を知る

【バッカルファット除去とは】

口の中の粘膜を1cm程度切開し、余分な脂肪を取り除く施術です。

【費用とリスクについて】

バッカルファット除去の平均的な費用は、21~38万円ほどです。手術はその日に完了しますが、腫れが1日ほど、痛みが1週間ほど続く場合があります。治療後は腫れや頬がこけるなどのリスクがありますので、不安な点についてはクリニックで医師にご相談ください。

【若返りの定義】

このサイトでは、美容整形の手術によって若々しい印象になることを「若返り」としています。