バッカルファットの教科書【東京のクリニック一覧付き】 » Lesson5.お悩みあるある掲示板~その悩み、バッカルファット除去で解決できるかも?~ » 口もと?口横?のたるみで悩んでいます…

口もと?口横?のたるみで悩んでいます…

口もとや口横のたるみで悩んでいる方々の声

20代後半から30代にかけて気になってくる口もとや口横のたるみ。実際の年齢よりも老けて見えてしまう原因の1つであり、マスクや手などで顔の下半分を隠すと若く見えるという方はたるみが始まっているサインかもしれません。実際に口もとや口横のたるみに悩んでいる方々の声をご紹介します。

小学生と幼稚園の子供がいます。

子供が生まれて7年、自分のことは後回しで必死で育児をしてきて、はっと気が付くと肌がぼろぼろになっていました。

良いとされる高い基礎化粧も使ってみましたが、子供を寝かしつけるとともに寝てしまうため、化粧水しか使えず、美容液、乳液はつかないのでなかなか効果がありません。

食べ物にも気をつけて、豆乳やアボカドなど意識して取っていますがいまいちです。

今日気が付いたのですが、口元がたるんできて初老のように見えてびっくりしました。

子供の送り迎えなど、日焼け止めを塗れずに外に出てしまうこともあるのでつけがきたのでしょうか?

同じように悩んでいる方、克服された方、何かいい方法があったら教えてください。ワラにもすがる思いです。よろしくお願いします。

引用元:発言小町(https://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0903/344393.htm)

50歳の主婦です。口の回りがたるんでほうれい線が目立ってきました。

これ以外はシワもあまりないので、口の回りさえ引き締まればと悩んでいます。

整形以外で色々試しましたがだめです。保湿も毎日心がけ、顔面体操もしています。

メイクではたるみや輪郭を修正することはできません。

耳の下のアゴのたるみさえなくなればいいのですが......。

引用元:Yahoo!知恵袋(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13111389893?__ysp=5Y%2BjIOOBn%2BOCi%2BOBvw%3D%3D)

私は、47歳の主婦です。

年のせいもあるとは思いますが、最近顔の老化が著しく特に目の下のたるみがすごいです。

口元も、寝起きなどおばあさんみたいです。

美顔器やマッサージ、プラセンタの摂取、色々な化粧品を試しましたが、改善されず。

喫煙者でお酒も飲むので、それも原因かと思い、やめていくつもりです。

一緒にしたらダメなんですが、同年齢の女優さんのCMなど見ると、ため息です。

こうすれば、改善された!というアドバイスがあれば、ぜひ、お願いします。

引用元:発言小町(https://komachi.yomiuri.co.jp/t/2017/0207/793291.htm)

どうすれば解決できる?
口もとや口横のたるみの対策・改善方法とは

口もとや口横のたるみで悩んでいる方々の声を調査したところ、実際の年齢以上に老けた印象を与えてしまう自分の顔にショックを受けている女性が多いようです。口もとや口横のたるみを改善して若々しい印象を少しでも取り戻したいと考えている方のために、対策・改善方法をご紹介します。

エクササイズ

口もとや口横のたるみをつくっている原因の1つが、口まわりの筋肉である「口輪筋(こうりんきん)」の衰えです。そのため、口輪筋を鍛えるエクササイズがたるみ解消につながります。今日からできる方法としては、箸を使ったエクササイズがおすすめです。

やり方は箸を横にして前歯でくわえ、唇をぴったりと閉じます。上下の唇はつけたまま、できるだけ横に伸ばして5秒間キープしましょう。次に唇は閉じたままで、口角だけをできるだけ上げて笑うようにしながら5秒間キープ。これを1セットに毎日5~6回繰り返し行うことで、顔全体をリフトアップしてたるみ解消の効果を期待できます。

スキンケア

口もとや口横のたるみ予防には紫外線対策も必須です。紫外線は肌の弾力を保つ真皮層のコラーゲンやエラスチンを破壊してしまい、たるみの原因になります。そのため、日焼け止めをはじめ、UVカット効果のある化粧品や日傘などの使用で対策しましょう。肌の乾燥もたるみの原因になるので、保湿成分を配合した化粧品やスキンケア用品を使用して乾燥を防ぐことも大切です。

美容クリニックでの治療

口もとや口横のたるみの根本的な改善には、美容クリニックでの治療が効果的です。治療法にはコラーゲンの生成を促進して肌の弾力を取り戻すサーマクールやダーマローラーをはじめ、ヒアルロン酸注入、特殊な糸の使用または皮ふを切開してたるみを引き上げるリフトアップ治療などがあります。治療法によって即効性や持続期間などに違いがあり、内出血や腫れなどが生じるものもあるため、医師と相談しながら自分に合った治療法を選ぶようにしましょう。

その悩み、
バッカルファット除去で解決できるかも?

毎日のエクササイズやスキンケアでも口もとや口横のたるみが改善しない場合、原因となっているのはバッカルファットかもしれません。バッカルファットとは頬骨の下からこめかみ辺りまである長い脂肪の塊で、加齢によって前下方に垂れ下がると口もとや口横にたるみを生じさせる可能性があります。その場合、たるみの原因になっている脂肪を取り除かなければいけません。脂肪を除去するだけではたるんでしまった皮ふはそのまま残ってしまうため、リフトアップ治療を組み合わせることで若々しいフェイスラインを実現できます。

【バッカルファット除去とは】

口の中の粘膜を1cm程度切開し、余分な脂肪を取り除く施術です。

【費用とリスクについて】

バッカルファット除去の平均的な費用は、21~38万円ほどです。手術はその日に完了しますが、腫れが1日ほど、痛みが1週間ほど続く場合があります。治療後は腫れや頬がこけるなどのリスクがありますので、不安な点についてはクリニックで医師にご相談ください。

【若返りの定義】

このサイトでは、美容整形の手術によって若々しい印象になることを「若返り」としています。