バッカルファットの教科書【東京のクリニック一覧付き】 » Lesson5.お悩みあるある掲示板~その悩み、バッカルファット除去で解決できるかも?~ » フェイスリフトによる顔のたるみ治療の効果は…

フェイスリフトによる顔のたるみ治療の効果は…

たるみのない顔

フェイスリフトを受けた女性の声

ここでは、顔のたるみ治療としてフェイスリフトを受けた方々の声を集めました。

過去他院で2度フェイスリフトの施術を受けましたが、全体的に下がってきたようなので。

今日で一週間ですが、顔全体が腫れて、左の法令線がひどい内出血なので、早く治るようにヒーライトというのを今日まで当ててもらっていました。左のこめかみと法令線の糸がきつい為、口があまり開かないのと、噛んだら痛いので固形物は食べれない状態が続いています。

「美容医療の口コミ広場|まきおのんさん 女性 50代 大阪府」より一部抜粋(https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_3020645/activity_detail/247153)

たるみが気になっており、糸リフトを試してみたかった。

思ったらより痛かったが、我慢できる程度でした。時間は5分程度に感じました。

2週間くらいはツッパリ感がすごかったです。劇的な変化はありませんが、シュッとしたと言われることが多いので、効果はあるようです。

「美容医療の口コミ広場|ありしょんさん」より一部抜粋(https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_1100073/activity_detail/244031)

それと施術3週間後くらいから顔の筋肉が動かせないせいか、残念ながら【ほうれい線が目立って】きました…。顔の引きあがりに関してはたぶん上がってるのかな…?と思います。ただ、ほうれい線が目立ってきたこともあり、糸による恩恵があったかというと効果の実感はあまり持てておりません…。

「美容医療の口コミ広場|omuraisuさん 女性 30代 新潟県新発田市」より一部抜粋(https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_1100465/activity_detail/242566)

私が施術したのはSMAS法というフェイスリフトです。

耳の傷が心配ということですが、私の場合幸い縫い目がよく見ないと判らない状態です。

引用元:口コミ広場|みかんさん 女性 40代(http://www.e-kuchikomi.info/datsumo/thread-28365.html?pageID=10&jumpPostId=1511254#postId_1511254)

9日に湘○でフェイスリフト受けてきました。糸でひきあげるのではなく、SMASを引っ張るやつです。切開線は耳の周辺ともみあげの生え際で、頭髪の中は切りませんでした。

引用元:口コミ広場|ぴかさん 女性 40代(http://www.e-kuchikomi.info/aging/thread-27042.html?pageID=35&jumpPostId=1502897#postId_1502897)

どうすれば解決できる?フェイスリフトの効果と種類は?

フェイスリフトとは顔のリフトアップ治療の総称であり、実際はレーザー治療による肌の引き締めや、皮膚を切開して皮膚や筋膜を引き上げる「SMASリフト」、特殊な糸を挿入して肌を引き上げる治療(スレッドリフト)など、その種類は様々です。

当然ながら、治療の種類が異なれば仕組みも変わり、効果やリスクにも違いが生じます。自分の悩みに対してどのようなフェイスリフトが有効なのか考えるためにも、まずはそれぞれのフェイスリフトの特徴について把握しておきましょう。

SMASリフト

SMASリフトとは、こめかみから耳の下辺りまでの皮膚を切開して、皮膚の下にある筋膜(SMAS)を物理的に引き上げた後、余った皮膚を切除して縫縮する施術です。

単に皮膚を縫い縮めるだけでは、再び皮膚が伸びてしまうと治療の効果が消えてしまいます。しかし、皮下の筋膜も合わせて引き上げることで、より効果的に顔を引き締めて、シワやたるみを解消することが可能です。

一方、SMASの直下には顔面神経があり、神経障害が残るリスクもあります。また、傷跡が目立たない場所を選んで手術を行ったとしても、未熟な医師による執刀では傷が残ってしまうリスクもあるでしょう。

スレッドリフト(糸リフト)

スレッドリフトは、毛羽だった特殊な医療用糸を皮膚の下へ挿入し、その毛羽で肌組織を引っかけて肌を持ち上げる施術です。

スレッドリフトは皮膚を切開する必要がなく、「切らないリフトアップ術」とも呼ばれており、糸の種類や本数によって引き上げ効果を調節可能です。反面、品質の悪い糸を使えば充分な引き上げ効果を得られないだけでなく、埋め込んだ糸で違和感が生じたり、表情の変化によって筋肉が動き、挿入した糸が切れてしまったりといったデメリットもあります。

照射治療

レーザーや高周波などを皮膚の表面から照射することで、肌組織へエネルギーを与えて、肌機能を若返らせる「切らないフェイスリフト」も人気です。

メスを使わないため傷跡が残らず、肌そのものを若返らせることができる施術ですが、そもそも垂れ下がったバッカルファットなどを物理的に持ち上げる効果はないたので、たるみの原因によっては効果を得られないこともあります。

また、そもそも専用機器がなければ治療できないこともデメリットです。

その悩み、バッカルファット除去で解決できる?

単に皮膚や筋膜が垂れ下がっているだけのたるみであれば、フェイスリフトで改善することが可能です。

しかし、表面的に皮膚のたるみを解消しても、時間の経過と共に皮膚が余ってたるんでしまえば再びたるみは生まれてしまいます。また、バッカルファットの垂れ下がりのように、物理的な理由が原因で顔のたるみが生じている場合、根本的なたるみ改善効果は期待できません。

一方、バッカルファット除去によって脂肪を摘出しても、皮膚が余ったままでは顔のたるみは残ってしまいます。そのため、バッカルファット除去とフェイスリフトを組み合わせた治療が最適となることもあります。

自分の年齢や肌の状態、たるみの原因などを正しく理解した上で、どのような治療プランが適しているのか、冷静に判断することが大切です。

【バッカルファット除去とは】

口の中の粘膜を1cm程度切開し、余分な脂肪を取り除く施術です。

【費用とリスクについて】

バッカルファット除去の平均的な費用は、21~38万円ほどです。手術はその日に完了しますが、腫れが1日ほど、痛みが1週間ほど続く場合があります。治療後は腫れや頬がこけるなどのリスクがありますので、不安な点についてはクリニックで医師にご相談ください。

【若返りの定義】

このサイトでは、美容整形の手術によって若々しい印象になることを「若返り」としています。