バッカルファットの教科書【東京のクリニック一覧付き】 » Lesson5.お悩みあるある掲示板~その悩み、バッカルファット除去で解決できるかも?~ » バッカルファットを取らない方がいいってホント?

バッカルファットを取らない方がいいってホント?

バッカルファットを取っていいのかどうか悩んでいる方々の声

バッカルファットや除去手術については医師によって考え方も異なり、バッカルファットを取っていいのかどうか正解を見つけられず悩んでいる人が少なくないようです。そこで、まずはバッカルファットを取らない方がいいのかもと悩む人の声をまとめました。

バッカルファットは取らない方がいいと言う医師もいるけど?

“バッカルファットって本当に取った方がいいんですか?取らない方がいいと言う医師がいますので、質問したいです。”

引用元:YouTube|☆なぐら先生の質問コーナーvol.8 "「バッカルファットは取らないほうが良い」という意見について"☆

https://www.youtube.com/watch?v=ePwNwyD89H0

私はバッカルファットって取っても大丈夫?

“私の顔面はどうやらバッカルファット適応らしいけど本当か?本当にそうか?若いうちは取らないほうがいいとか頬骨目立つ人はやめたほうがいいとかいう意見も沢山あってとてもとても迷う・・・”

引用元:Twitter|ツマ美

https://twitter.com/tsu_m_m/status/1095307681529683968

バッカルファット除去の不安に対する専門医の見解

湘南美容クリニック秋葉原院の院長である名倉俊輔医師が、日本美容外科学会の認定専門医という立場から「バッカルファットを取ってもいいのか、取るべきでないのか」という疑問へ応えている公式動画がYouTubeで話題を呼んでいました。

そこで、名倉院長の解説動画を参考にしながら、バッカルファット除去に関する悩みについて検証していきたいと思います。

※参照動画:YouTube|☆なぐら先生の質問コーナーvol.8 "「バッカルファットは取らないほうが良い」という意見について"☆

https://www.youtube.com/watch?v=ePwNwyD89H0

日本美容外科学会認定専門医・名倉俊輔医師とは?

一般社団法人「日本美容外科学会(JSAS)※1」は、美容外科に関する研究や技術の発展・普及などを目的として、昭和41年2月に発足された半世紀以上の歴史を持つ学会です。また同学会では、美容外科に関して優れた技術・知識を備えているだけでなく、充分な症例経験も重ねたドクターについて、専門医として登録する認定制度を設けています。

湘南美容クリニック秋葉原医院の院長である名倉俊輔医師※2は、日本美容外科学会(JSAS)の公式サイト上で専門医として紹介されているだけでなく、その他の団体や企業からも認定医などの資格を得ている、美容医療のスペシャリストです。

バッカルファットを取るべきか取らないべきかは患者によって異なる

まず、バッカルファットを取るべきか取らないべきかという悩みに対して、名倉医師は上記の解説動画の中で、そもそも「全員が全員、取った方がいいとか、全員が全員、取ったらいけないと考えることがおかしい」と自身の考えを述べています。

また、「全員バッカルファットを取らない方がいい」と考える医師に関して、「そういう医師に限って基本的にはあまり知識のないことが多いと思う」と指摘している点も見逃せません。

そもそも、バッカルファット除去に限らず手術や治療については、それらが患者にとって価値があるのか、それを行っていいのかという「適応」が重要になります。

そのため、バッカルファットを取ろうかどうしようかと悩んだ際は、何よりもまずしっかりと適応性について、充分な知識を備えた専門医に相談することが重要といえるでしょう。

バッカルファット除去手術に対する満足度調査

名倉医師はバッカルファット除去の手術について、2018年の国際美容外科学会(ISAPS2018)で研究報告を発表しましたが、動画ではその中で取り上げられたアンケート「Face-Q」について紹介されていました。

Face-Qは、国際規約にもとづいた手術満足度を調査するアンケートであり、整形手術やヒアルロン酸注入といったプチ整形など、顔面への様々な施術について、複数の項目から術後の満足度をはかるためのものとされています。

そして、名倉医師によるバッカルファット除去の手術を受けた患者147名に、Face-Qアンケートに協力してもらったところ、術後満足度が「とても高かった」という回答結果が得られたそうです。

Face-Qによるバッカルファット除去手術への満足度は80%以上

147名のバッカルファット除去手術に関するFace-Q調査では、満足度評価(最大4点)の平均スコアが「3.3点」となり、満足度がおよそ80%以上という高い結果が得られました。

これは、バッカルファット除去手術に価値があるかどうか判断する、1つの材料として有効だといえるでしょう。

アンケート結果には注意すべきポイントもある

動画内で名倉医師本人も指摘していますが、このアンケート調査には注意すべきポイントもあります。

それはまず、そもそもこのアンケートに参加した患者は、全員が事前に名倉医師本人からバッカルファット除去手術が適応していると診断され、また本人も手術を希望していたという点です。

次に、実際の手術に関しても、美容外科専門医である名倉医師が執刀医として担当したという点も無視できません。

そのため、他のクリニックや他の医師によって手術を受けた人が、同様に高い満足度を得られるかどうか限らないということは、きちんと考慮しておくべきでしょう。

また、もう1つの弱点として、このアンケート調査が術後1ヶ月~3年程度の患者に行われたという点です。つまり10年、20年といった長期的な満足度については、参考にすることができません。

バッカルファット除去が反対される理由とは?

バッカルファット除去が反対される理由として、「将来的には誰でも顔の脂肪が減少するのに、事前に手術で除去する必要はない」と考える医師も多いようですが、名倉医師はそれについて同意できないと考えています。

名倉医師の考えとしては、仮に高齢者になれば誰でも脂肪が減るとしても、今この瞬間の悩みは解決できないということです。

例えば、今この瞬間を輝きたいと真剣に考える人が豊胸手術を受けたいと思った時、将来的に大きな胸は垂れるから止めなさいと拒否する美容外科医は少ないでしょう。

重要なことは、バッカルファットに限らず、メリットやデメリットについてしっかりと知った上で、きちんとした目的意識を持つことだといえます。

バッカルファット除去のリスクと対処法

バッカルファット除去によって脂肪が失われ、将来的に顔が凹んでしまうリスクもありますが、名倉医師の見解としては「たるみの治療は難しいが、凹みの治療はそこまで難しくない」そうです。

名倉医師が考える凹みの対処法としては、凹んでいる部分に脂肪などを注入し、凹凸を滑らかにすることで顔全体を自然な仕上がりにする施術があります。

バッカルファットの教科書編集部の見解

バッカルファットに限らず、美容医療については必ずメリットとデメリットがあります。

上記の見解はあくまでも名倉医師によるものですが、手術適応があると診断されて、本人が手術を希望していた患者では、高い満足度が得られた事実は見逃せません。

大切なのは、自分の希望や体質に対してバッカルファット除去が適しているのかどうか、専門医にしっかりと診断してもらった上で、本人が納得して治療を受けることでしょう。

【バッカルファット除去とは】

口の中の粘膜を1cm程度切開し、余分な脂肪を取り除く施術です。

【費用とリスクについて】

バッカルファット除去の平均的な費用は、21~38万円ほどです。手術はその日に完了しますが、腫れが1日ほど、痛みが1週間ほど続く場合があります。治療後は腫れや頬がこけるなどのリスクがありますので、不安な点についてはクリニックで医師にご相談ください。

【若返りの定義】

このサイトでは、美容整形の手術によって若々しい印象になることを「若返り」としています。