バッカルファットの教科書【東京のクリニック一覧付き】 » Lesson5.お悩みあるある掲示板~その悩み、バッカルファット除去で解決できるかも?~ » ほうれい線でファンデがよれてしまうのが悲しい…

ほうれい線でファンデがよれてしまうのが悲しい…

ほうれい線にファンデがたまって悩んでいる方々の声

ほうれい線にファンデがたまってさらにほうれい線が強調されてしまい、口周りだけおばあちゃんみたいになって悲しい…。そんなほうれい線にファンデがたまって年齢よりも老けて見えてしまう問題で悩んでいる方々の声をまとめてみました。

ほうれい線の悩み。33歳。

すっぴんだとそこまで目立たないのですが、とにかく化粧をするとクッキリです。

喋ったり笑ったり口の動きがあればあるほど、その後ほうれい線の跡にファンデが残り、まるでペンで書いたように見えるほどです。

口周りだけ50代に見えます。

一体どうしたらいいでしょうか?

化粧をした状態であまり口の動きをしなくても、頬の下が弛んでそれなりに目立ちます。

引用元:Yahoo!知恵袋(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11194105531?__ysp=44G744GG44KM44GE57eaIOODleOCoeODs%2BODhw%3D%3D)

日頃のスキンケアでできるほうれい線の消し方ってありますか?

ファンデを塗るとほうれい線にたまって溝がくっきりできます。

たるみとほうれい線が酷く、笑うと余計にほうれい線が目立って老けて見られます。

ベロ回し体操っをやったりして、改善を試みているのですが効果が見られません。

みなさんほうれい線対策にどんなケアしてますか?

引用元:Yahoo!知恵袋(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13185102613?__ysp=44G744GG44KM44GE57eaIOODleOCoeODs%2BODhw%3D%3D)

ほうれい線や頬のたるみってどうやって目立たなくできますか?

徐々に深くなってきました。

ファンデもほうれい線の部分に溜まってしまって困ってます。

美顔器や口回りの筋肉を鍛えるのに舌回しなとは普段からやって鍛えてます。

引用元:Yahoo!知恵袋(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13200696273?__ysp=44G744GG44KM44GE57eaIOODleOCoeODs%2BODhw%3D%3D)

どうすれば解決できる?
ほうれい線にたまるファンデの対策・改善方法とは

顔のコンプレックスをカバーしてくれるメイクも、ほうれい線にファンデがたまってよれてしまうのではある意味逆効果。まるでおばあちゃん役のメイクのようにくっきりラインが目立ってしまうのは悲しすぎますよね?化粧崩れが気になって、笑うこともできなくなってしまいます。日々の生活の中でこのゆううつな気分を改善してくれる方法をピックアップしてみました。

エクササイズ

ファンデがたまる問題を解決するためには、まずはほうれい線を改善する必要があります。そのため、ほうれい線の原因になるたるみ解消として表情筋を鍛えるエクササイズが効果的。自宅や外出先でもできる簡単なエクササイズとしては、舌回しがおすすめです。テレビ鑑賞中のCMの間や信号待ちの間など気がついたときに、舌でほうれい線部分を内側から押し上げるようにマッサージしましょう。そうすることで普段使っていない口周りの筋肉がほぐしながら鍛えられ、たるみ改善の効果が期待できます。ただし、深くほうれい線が刻まれてしまっている場合は、残念ながら効果がありません。

化粧品やメイク法の見直し

ほうれい線にファンデがたまりやすい女性の特徴のひとつが、肌の乾燥です。肌が乾燥しているとファンデが密着しにくいだけでなく、肌を保湿しようとして余分に皮脂が分泌されてしまいます。その結果、メイク崩れを起こしやすくなります。

そのため、真夏であっても保湿ケアは怠らないようにしてください。湿度があっても室内ではエアコンで乾燥しますし、紫外線によるダメージも受けています。梅雨や夏だから大丈夫、ということではありませんので要注意。年齢を重ねることで肌の水分量は低下するので、若い頃と同じ化粧品のままだと保湿が足りていない可能性もあります。肌の乾燥を感じるようになったらスキンケア化粧品を見直してみてもいいと思います。

さらにほうれい線を隠そうとしてついついやってしまう、ファンデの厚塗りは厳禁!顔の筋肉が動けばほうれい線のところで厚塗りファンデが崩れます。保湿効果もある化粧下地を塗って軽くパウダーファンデをつけるくらいのメイクが理想です。面倒くさがらずに、保湿やメイク崩れ防止効果があるメイクアップベースを上手に活用しましょう。またメイク直しをするときには、必ず保湿アイテムでシワを保湿してから、軽くパウダーでカバーするのがおすすめです。

美容クリニックでの治療

ファンデがたまる問題を根本的に解決するためには、美容クリニックでほうれい線の原因となるたるみ治療を行うという究極の方法があります。治療法には肌のハリや弾力を高めるヒアルロン酸注入をはじめ、たるみを引き締めるレーザー治療、リフトアップに効果的な糸治療などがあり。たるみやほうれい線の状態によって最適な治療が異なるため、医師にしっかりと見極めてもらったうえで自分に合った治療を提案してもらいましょう。

その悩み、
バッカルファット除去で解決できるかも?

ほうれい線を引き起こしているたるみの原因として、脂肪の一種であるバッカルファットによる可能性も考えられます。バッカルファットとは頬骨の下からこめかみ辺りまである長い脂肪の塊を指し、加齢によって前下方へ垂れ下がるのが特徴です。垂れ下がった脂肪が重りとなることでたるみを加速させ、ほうれい線ができやすくなってしまうのです。

バッカルファットを取り除くだけではたるみは改善されないため、糸でたるみを引き上げる治療と組み合わせることで小顔と若々しいフェイスラインが手に入ります。

【バッカルファット除去とは】

口の中の粘膜を1cm程度切開し、余分な脂肪を取り除く施術です。

【費用とリスクについて】

バッカルファット除去の平均的な費用は、21~38万円ほどです。手術はその日に完了しますが、腫れが1日ほど、痛みが1週間ほど続く場合があります。治療後は腫れや頬がこけるなどのリスクがありますので、不安な点についてはクリニックで医師にご相談ください。

【若返りの定義】

このサイトでは、美容整形の手術によって若々しい印象になることを「若返り」としています。