バッカルファットの教科書【東京のクリニック一覧付き】 » コラム » バッカルファットの施術に適応するタイプの特徴

バッカルファットの施術に適応するタイプの特徴

少女

バッカルファット除去は小顔効果や老け顔防止などメリットが多い施術方法です。しかし適応するかどうかは個人によって異なります。バッカルファット除去をしても小顔になれない、という失敗をしないためにも自分が適応するかどうかを確認しましょう。バッカルファット除去の適応基準など判断する方法について解説します。

バッカルファット除去が適応する人としない人

バッカルファット除去をしても効果が期待できない場合もあります。バッカルファット除去を検討する際には、自分がバッカルファットに適応しているかどうかを確認することが必要です。適応していると考えられるのは以下のような症状がある人です。

1つでも当てはまるなら、バッカルファット除去で効果が期待できるでしょう。一方で顔の皮下脂肪のせいでたるんでいる場合やバッカルファットの量が少ない場合は、大きな効果を得ることは難しいといわれています。

バッカルファットの量や位置は人によって異なるのに加え、小顔はどういったものか、という感じ方も異なるでしょう。手術方法や脂肪量などの判断は難しいので、失敗を避けるためには医師とよく相談することが必要です。

バッカルファットが適応する人のメリット・効果

バッカルファットは若い年齢のときには頬の上部に位置しているのですが、加齢とともに垂れ下がってきます。そのせいで顔のたるみを加速させ、ほうれい線が目立ってしまうのです。バッカルファットを除去することで、顔のしもぶくれを防ぎ、小顔効果を期待できるほか、マリオネットライン、ほうれい線、ブルドッグ顔になるのを防ぐ効果があるといわれています。

ほうれい線やマリオネットラインなどが深く刻まれると、顔が大きく見えてしまったり、年齢よりも老けて見られてしまったりして、若々しさがなくなります。バッカルファットを取り除くことでそういったデメリットが解消されやすくなります。さらにリフトアップなどで、たるんだ皮膚を引き上げることで、小顔になると同時に年齢よりも若く見えるようになるでしょう。

まとめ

バッカルファット除去は小顔になれたり、ほうれい線を防ぎ老け顔を解消できたりとメリットは多いです。しかしすべての人に適応するとは限りません。適応しているかどうかを適確に判断したうえで、信頼できる医師に依頼することが大切です。

【バッカルファット除去とは】

口の中の粘膜を1cm程度切開し、余分な脂肪を取り除く施術です。

【費用とリスクについて】

バッカルファット除去の平均的な費用は、21~38万円ほどです。手術はその日に完了しますが、腫れが1日ほど、痛みが1週間ほど続く場合があります。治療後は腫れや頬がこけるなどのリスクがありますので、不安な点についてはクリニックで医師にご相談ください。

【若返りの定義】

このサイトでは、美容整形の手術によって若々しい印象になることを「若返り」としています。