バッカルファットの教科書【東京のクリニック一覧付き】 » コラム » エラの悩みはバッカルファット除去で解決できるの?

エラの悩みはバッカルファット除去で解決できるの?

あごをさわる女性

下顎骨が角ばったエラ張り顔はきつい印象を持たれたり、顔が大きく見られたりしがちです。バッカルファット除去によりエラの悩みを改善できるのか?という疑問をお持ちの方に、詳しい解説やアドバイスをご紹介します。

顔が大きく見える3つの原因

実際の顔サイズよりも大きく見えてしまうのは、主に3つの原因があります。ひとつひとつ解説していきますので、自分の悩みがどのタイプに当てはまるのかチェックしてみましょう。原因別に対処方法も異なるため、自分の顔の特徴をきちんと理解しておくことは大切です。

1.脂肪の量

食べ過ぎや運動不足により脂肪が増え、顔にも肉がついてしまったタイプです。顔の筋肉をしっかり動かすことは少ないため、脂肪を減らすのは難しいといわれています。顔の脂肪を落とすには、運動して汗を流したり、リンパマッサージにより血流を良くしたりするのが効果的といえるでしょう。そのほか、意識的に口角を上げたり顔をよく動かしたりすることも重要です。

2.エラの量

エラが張った骨格も顔が大きく見える原因のひとつです。歯ぎしりや食いしばりによって引き起こされる固太りはエラ張り顔につながります。フェイスラインが張ってしまうと、実際の顔サイズより大きく見えてしまうので、小顔を目指せません。

3.姿勢

姿勢の良し悪しは顔が大きく見えてしまうこととは無関係のように思えますが、実はそうではなく、姿勢が悪いと顔が大きく見えてしまうといわれています。今の時代は特にパソコンやスマートフォンを操作する時間が多く、知らず知らずのうちに画面を見るのに楽な姿勢=背になってしまいがちです。

猫背で顔が身体の前に出たり、表情筋が緩んだりすることにより結果的に顔が大きく見える原因になることも。ほかにも、姿勢の悪さにより骨盤が歪むことで顔代謝、血流が悪くなり、顔が大きく見えてしまう場合もあります。日頃の生活習慣を見直し、悪い姿勢で過ごしていないか確認してみましょう。

症状にあった施術を選ぶことが大切

自分の悩みの原因が分かったら、タイプに合った適切な施術を選ぶようにしましょう。悩みやタイプは人それぞれなので、担当の医師とカウンセリングをおこない、理想の顔に近づけるようしっかり検討することが大切です。以下では症状に合わせたケースを3つご紹介します。

バッカルファット除去で小顔に改善できるケース

加齢とともに顔がたるんできた、ほうれい線が気になり始めた、という方にはバッカルファット除去は大きな効果を期待できます。垂れ下がってきた脂肪を取り除くことでスッキリとしたフェイスラインとなり、理想の小顔に近づけます。

20〜30代の早い段階、かつ顔が大きく見える原因がバッカルファットであれば、これを取り除く施術だけで満足できる可能性が高いです。医師と相談し、自分の悩みを解決する治療法はどれなのかハッキリと突き詰めるようにしましょう。

エラへのアプローチで小顔に改善できるケース

ホームベース型の四角い顔でお悩みの方は、エラへ直接働きかけるエラ削りの治療がおすすめ。出っ張ったエラ骨を削り、きれいに整えることでフェイスラインがシャープになり、憧れの小顔となることができるでしょう。

エラを削る範囲や大きさは人によってそれぞれ異なるため、目指したい顔の形をしっかりと医師に伝え、自分に合った施術を受けることがポイント。正面だけでなく、さまざまな角度から見て美しいラインとなるよう、プロの意見を参考にすることも大切です。

バッカルファット除去+エラへのアプローチで小顔に改善できるケース

顔の大きさは骨格、筋肉、脂肪、バッカルファットなど様々な要素が関係しています。エラが張っている方なら、バッカルファット除去のみではなく、バッカルファットとエラ削りを合わせた治療が最も高い効果を得られます。2つのアプローチを取り入れることで理想的なフェイスラインを手に入れることができるでしょう。この場合も、バッカルファットをどれくらい取り除くのか、エラを削る範囲や大きさは人によってそれぞれ異なります。医師と念入りなカウンセリングをおこない、慎重に検討するようにしましょう。

原因の見極めは医師に相談がおすすめ

顔の大きさを決める要因は様々な点が合わさっていることが多く、最終的な原因を突き止めるには素人の判断では難しいのが正直なところ。そのため、専門家である医師の意見を聞くことは、後悔しない施術のためには非常に重要です。

美容整形クリニックでは無料のカウンセリングをおこなっているところも多いので、積極的に活用してみましょう。カウンセリングでは理想となる顔の形を自分でしっかりと理解し、きちんと伝えることがポイント。一生後悔することのない施術を受けられるよう、自分の意見と医師のアドバイスをすり合わせて柔軟に受け入れましょう。

まとめ

小顔へのアプローチはバッカルファット除去だけでなく、エラ削りやボトックス注射などさまざまな方法があります。骨格、筋肉量、脂肪量など、顔を大きく見せてしまっている原因は人それぞれです。自分に合った治療を適切に受けるためには、美容整形クリニックでおこなっている無料カウンセリングを活用してみましょう。悩みやアプローチ法を相談できる良い機会なのでおすすめです。

【バッカルファット除去とは】

口の中の粘膜を1cm程度切開し、余分な脂肪を取り除く施術です。

【費用とリスクについて】

バッカルファット除去の平均的な費用は、21~38万円ほどです。手術はその日に完了しますが、腫れが1日ほど、痛みが1週間ほど続く場合があります。治療後は腫れや頬がこけるなどのリスクがありますので、不安な点についてはクリニックで医師にご相談ください。

【若返りの定義】

このサイトでは、美容整形の手術によって若々しい印象になることを「若返り」としています。