バッカルファットの教科書【東京のクリニック一覧付き】 » コラム » バッカルファット除去施術後のしこりは取れる?

バッカルファット除去施術後のしこりは取れる?

落ち込む

バッカルファット除去は、傷跡が小さく小顔やたるみ予防になると言われる施術です。しかし施術を受ける人の中には、術後のダウンタイムやしこりが気になる人もいるかもしれません。

ここではバッカルファット除去手術後でしこりができるリスクや予防方法を紹介します。いざというときに慌てないようにチェックしておきましょう。

バッカルファット除去施術の後に感じる違和感は?

バッカルファット除去は、バレにくいといわれており、小顔やたるみなどに悩む人には気になる施術でしょう。ただし、人によってはバッカルファット除去の施術後に血が溜まってしこりができることもあります。

しこりの大きさや小さくなる経過は個人差があるため、なかにはできてしまって悩む人もいます。しかししこりができる人ばかりではなく、しこりができて1~2カ月くらいでなくなるケースもあります。出血の程度は体質にもよるところも大きいため、不安な方は施術前のカウンセリングで聞いておくとスムーズでしょう。

しこりができてしまった場合の対処法とは?

バッカルファット除去施術の後にしこりができた場合は、基本的には自然に改善していきます。しかし改善しない場合は適切な処置が必要です。もし術後にしこりが改善されない場合は、再度手術を行い溜まった血を抜きます。

また、繊維性のしこりが原因の場合には、飲み薬やステロイド系などの局所注射で対応することがあります。いずれにせよ、バッカルファットの施術を受けたクリニックで対応することがほとんどです。

バッカルファット除去はアフターケアも重要

バッカルファット除去は、口の中の小さな傷から脂肪を取り出して行う施術です。傷が目立ちにくく内出血も少ない方法ですが、術後のアフターケアはもちろん必要になります。

そのため、バッカルファットの施術を受ける前には慎重なクリニック選びやカウンセリングをするようにしましょう。

施術を受ける前には、バッカルファット除去によるダウンタイムや術後に気を付けることをあらかじめ確認しておくと安心です。

まとめ

バッカルファット除去は比較的影響の少ない施術といわれますが、人によっては血が溜まってしこりのようなものができることがあります。

通常は時間の経過とともに自然と小さくなっていきますが、場合によっては長く残る場合も珍しくありません。もし2週間程度経過しても大きさに変化がない場合は、お願いしたクリニックに連絡して再度受診しましょう。

【バッカルファット除去とは】

口の中の粘膜を1cm程度切開し、余分な脂肪を取り除く施術です。

【費用とリスクについて】

バッカルファット除去の平均的な費用は、21~38万円ほどです。手術はその日に完了しますが、腫れが1日ほど、痛みが1週間ほど続く場合があります。治療後は腫れや頬がこけるなどのリスクがありますので、不安な点についてはクリニックで医師にご相談ください。

【若返りの定義】

このサイトでは、美容整形の手術によって若々しい印象になることを「若返り」としています。