バッカルファットの教科書【東京のクリニック一覧付き】 » コラム » バッカルファットのモニターって何をするの?

バッカルファットのモニターって何をするの?

モニター イメージ

バッカルファットの施術をしたいと思って病院の情報などを調べていると、「美容モニター」の募集案内を見かけることがあります。バッカルファットのモニターとは一体どのようなことをするのでしょうか。バッカルファットのモニターとはどんなものか、基礎知識についてご紹介します。

バッカルファットのモニターって何をするの?

バッカルファットのモニターは、バッカルファットの施術を行っている病院の施術技術や効果を、写真や動画などでアピールするお仕事です。モニターになる際は病院と契約書を交わし、写真掲載や料金などの詳細を決めるのが一般的です。

モニターのメリット

バッカルファットのモニターになると、施術料金が割引または無料になることがメリットのひとつに挙げられます。病院によってモニター料金が異なるため、契約書を交わす前に確認しておきましょう。コストを抑えて施術を受けたい人は、モニターにチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

モニターのデメリット

周囲に内緒で施術を受けたい場合、モニターで写真や動画が公開されることで、知り合いなどに知られてしまうリスクが高まります。特にバッカルファットの場合は顔全体の写真が使用されるのが一般的で、個人が特定されやすいといえます。顔バレのリスク以外にも、撮影や打ち合わせのために何度か病院へ通う必要があるため、遠方の病院を利用する場合には、スケジュールの確保がデメリットになってしまうこともあるでしょう。

どんなモニターがあるの?

ひとくちにモニターといっても、種類はさまざまです。美容モニターといえば、雑誌やインターネットサイトで施術の前後の効果を写真でアピールするというイメージが強い人も少なくありません。最近ではPR動画やテレビに出演するケースも増えています。どのような仕事内容になるのか、事前に確認しておくと安心です。

モニターになるには?

誰でもバッカルファットのモニターになれるというわけではなく、それぞれの病院でモニターについての条件が決められています。年齢や居住地など、病院がモニターの条件としている内容を確認し、自身がその条件に合致しているかを確認します。インターネットのホームページ上で募集され、直接応募するというのが一般的ですが、封書やメールでの応募を受け付けているケースもあります。多くの場合、顔写真の提出が求められるため、バストアップの写真(顔正面・横顔)を用意しておくと便利です。

まとめ

モニターに採用されると、料金を抑えてバッカルファットの施術を受けることができます。モニターは病院によって応募できる条件や仕事内容が異なるため、契約の前に内容をしっかりチェックしておくことがおすすめです。不安な点は契約前に確認しておくとより安心でしょう。

【バッカルファット除去とは】

口の中の粘膜を1cm程度切開し、余分な脂肪を取り除く施術です。

【費用とリスクについて】

バッカルファット除去の平均的な費用は、21~38万円ほどです。手術はその日に完了しますが、腫れが1日ほど、痛みが1週間ほど続く場合があります。治療後は腫れや頬がこけるなどのリスクがありますので、不安な点についてはクリニックで医師にご相談ください。

【若返りの定義】

このサイトでは、美容整形の手術によって若々しい印象になることを「若返り」としています。