バッカルファットの教科書【東京のクリニック一覧付き】 » Lesson1.初めてのバッカルファット除去 基礎講座 » バッカルファット除去手術の流れと術後の注意点

バッカルファット除去手術の流れと術後の注意点

バッカルファットくんアイコン_「サヨナラ~」

ここではバッカルファット除去手術の流れをはじめ、手術にかかる時間、術後の注意点などをご紹介します。イメージ通りの仕上がりを手に入れるためのポイントについてもまとめてみました。

カウンセリングからバッカルファット除去の施術まで

クリニックによって施術までの流れは多少異なりますが、はじめにカウンセリングで顔やたるみの状態、理想の仕上がりなどを確認します。バッカルファット除去とほかの施術を組み合わせた複合治療を行っているクリニックの場合、医師の診察後に最適な組み合わせの治療法を提案。洗顔でメイクや汚れを落とした後、カウンセリングで話した希望をもとに除去する脂肪を患者と話し合いながら決めていきます。その後、口腔内の頬やバッカルファットに局所麻酔を行い、施術を開始。

施術は口腔内の左右1ヶ所ずつに、1cm程度の切開をします。そこから脂肪の量や顔の形を考慮しながら、必要な量のバッカルファットの摘出・除去を実施。その後、術後の腫れを最小限にするために、肌や皮下組織を冷却して終了になります。

バッカルファット除去の時間

バッカルファット除去にかかる時間は20~30分程度です。バッカルファット除去と合わせてほかの施術も受ける場合はその治療分の時間がかかるため、気になる方は医師に確認しておきましょう。バッカルファット除去は1回の施術で効果を実感できるため、何度もクリニックに足を運ぶ必要はありません。

バッカルファット除去の施術後に気をつけるべきこと

施術後は血行が良くなりすぎると腫れや痛みを引き起こす可能性があるため、手術当日の入浴は避けましょう。軽いシャワー程度であれば、当日からでも問題ありません。手術翌日からは入浴も可能ですが、長時間の入浴やサウナなどは1週間程度控えてください。運動に関しても手術当日は避け、1週間程度は激しい運動は控えましょう。施術から1週間経過した後は、施術前と同様に入浴や運動ができるようになります。

バッカルファット除去は表面にキズが残らないため、施術直後からメイクが可能です。ただし、施術した部位に刺激を与えないために自宅で頬のマッサージを行う場合は1週間程度控えたほうがベター。食事は普段通りにできますが、飲酒は施術から3日間、辛いものや熱いものなどの刺激物は1週間程度控えるようにしてください。口腔内を清潔に保つために、食後はうがいや消毒をするようにしましょう。

バッカルファット除去でイメージ通りの仕上がりを手に入れるには…

バッカルファット除去は、クリニックによって治療目的や組み合わせる施術メニューが異なります。そのため、イメージ通りの仕上がりを手に入れたいのであれば、カウンセリングでしっかりと希望を伝えて医師と認識をすり合わせておくことが大切です。きちんと話し合い、納得したうえで施術を受けるようにしましょう。

バッカルファット除去は顔やたるみの状態に合った治療を受けないと、頬コケやへこみなどイメージ通りの仕上がりにならない可能性があります。バッカルファット除去についてしっかり学んだうえで、顔やたるみの状態に合わせてオーダーメイドの治療を提案してくれるクリニック選びが理想のきれいへつながる一歩になります。

理想のきれいが叶う
バッカルファット除去を知る

【バッカルファット除去とは】

口の中の粘膜を1cm程度切開し、余分な脂肪を取り除く施術です。

【費用とリスクについて】

バッカルファット除去の平均的な費用は、21~38万円ほどです。手術はその日に完了しますが、腫れが1日ほど、痛みが1週間ほど続く場合があります。治療後は腫れや頬がこけるなどのリスクがありますので、不安な点についてはクリニックで医師にご相談ください。

【若返りの定義】

このサイトでは、美容整形の手術によって若々しい印象になることを「若返り」としています。