バッカルファットの教科書【東京のクリニック一覧付き】 » Lesson3.バッカルファットと一緒に受けたいたるみ治療ガイド

Lesson3.バッカルファットと同時施術でたるみ治療が受けられるクリニック

下膨れや加齢によるたるみ、ブルドッグ顔やマリオネットラインなどを改善する対策としてバッカルファットを除去する手術はとても有効です。ただし、20代前半など若い頃はバッカルファット除去だけで小顔効果やフェイスラインの改善効果が得られますが、年齢を重ねてフェイスラインの崩れを自覚している場合、じつはバッカルファットを除去するだけでは十分な効果が得られない可能性があります。そこでここでは、バッカルファット除去手術と同時に受けるべき治療について解説していきます。

クリニックによって推奨している治療法は異なりますが、バッカルファット除去だけであなたの求めているお顔が手に入るのか、それともほかの治療も同時に受けるべきなのか、カウンセリングを受ける際に担当医にしっかり確認するようにしましょう。

バッカルファット除去と
相性の良い治療法

クリニック独自の治療法や個々の骨格・肌質の違いによって組み合わせるべき治療法は異なりますが、代表的な治療法を挙げてみました。

スレッドリフト(糸)

スレッドリフトとは、時間の経過で溶ける特殊な糸を皮下に挿入してたるんだ皮下脂肪を元の位置に引き上げる治療法です。糸を挿入する刺激によってコラーゲンやエラスチンなどの生成が促進され、ハリや潤いアップなどの美肌効果を得られるメリットもあります。

バッカルファット除去ではたるみをつくっている余分な脂肪を取り除くことができるものの、たるんでしまった皮ふの改善にはつながりません。たるみの強い方がバッカルファット除去でスッキリとしたフェイスラインを手に入れたいのであれば、スレッドリフトとの組み合わせがおすすめです。スレッドリフトでたるみを引き上げることで、フェイスラインを整えてきれいな仕上がりを実現できます。

バッカルファット除去+スレッドリフト(糸)の効果
とクリニック比較を見る

脂肪注入

脂肪注入とは、自身のお腹や太ももなどから採取した脂肪をボリュームアップさせたい場所に注入する治療法です。自分自身の脂肪を使用するのでアレルギー反応が起きづらく、効果も長持ちしやすいのが特徴。ただし、脂肪の少ないやせ型の方には向いていません。

たるみと頬コケを併発している場合、バッカルファット除去だけでは頬コケ対策としては万全ではありません。そのため、バッカルファット除去と合わせて脂肪注入を受けるのがおすすめです。たるみを改善しながら頬をボリュームアップでき、ハリのあるふっくらとした頬になることで若々しさや女性らしい柔らかな印象を与えられます。

バッカルファット除去+脂肪注入の効果
とクリニック比較を見る

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入とは、ヒアルロン酸を注入して肌をボリュームアップさせることでたるみやしわを改善する治療法です。脂肪の少ないやせ型の方にも適用でき、メスを入れずに気軽に気になる部位のボリュームアップを叶えられます。

バッカルファット除去と合わせてヒアルロン酸注入を受けることで、たるみと頬コケを同時に改善できます。脂肪注入には向かないやせ型の方はもちろん、大掛かりな手術には抵抗がある方でも治療を受けやすいのがポイント。ヒアルロン酸注入はわずかな量の違いでも仕上がりが左右されてしまうため、注入技術の高いクリニック選びがおすすめです。

バッカルファット除去+ヒアルロン酸注入の効果
とクリニック比較を見る

【バッカルファット除去とは】

口の中の粘膜を1cm程度切開し、余分な脂肪を取り除く施術です。

【費用とリスクについて】

バッカルファット除去の平均的な費用は、21~38万円ほどです。手術はその日に完了しますが、腫れが1日ほど、痛みが1週間ほど続く場合があります。治療後は腫れや頬がこけるなどのリスクがありますので、不安な点についてはクリニックで医師にご相談ください。

【若返りの定義】

このサイトでは、美容整形の手術によって若々しい印象になることを「若返り」としています。